こんな症状が見られたら

  • 階段を昇ったりちょっと歩いて息切れが激しい
  • 咳や痰が止まらない
  • 寝ても熟睡できない
  • 食事がおいしくない
  • お風呂に入ってもさっぱりした気がしない
 こんな症状があったとしても「年のせい」にしていませんか?実はCOPD(慢性閉塞性肺疾患)かもしれません。
 特にヘビースモーカーの方、そのような人が近くにいる方、要注意です。

どうしたらいいの?

 まずはCOPDであるかを調べます。いくつかの質問事項にお答えいただき、肺機能(1秒率)をスパイロメーターという器機で調べます。
 もしCOPDという診断となったら、最近はとてもよい薬があり、処方いたします。
 検査も薬もすべて当院で保険診療で受診可能です。

放置していたらどうなるの?

 COPDは完治するということはありません。しかしそのまま放置しておくと呼吸困難が進行し、酸素ボンベを手放せない生活となってしまいます。そうならないうちの早めの治療が必要です。 

予防できるの?

 まず現状を知ることが大切です。人間ドックを受けるように、肺年齢検査を受けてみてください。あなたの肺が実際の年齢より高かったら黄色信号です。
(症状がない場合の検査は自費となります。税込みで4,200円です。)

息ぎれ(慢性閉塞性肺疾患 COPD)