概要

 今、最も注目されているガンの治療法です。ビタミンCを60〜100gという高濃度で点滴投与すると、過酸化水素が生成され、正常細胞に影響を与えずにガン細胞の細胞死を誘導することが知られています。2005年にはアメリカの国立衛生研究所(NIH)や国立癌センター(NCI)、食品薬品局(FDA)の研究者が共同で高濃度ビタミンC点滴療法がガンの化学療法として可能性を持っていることを発表しています。現在ではアメリカの有力大学を始めとして臨床試験が実施されており、副作用のないガン治療として全米で1万人を超す医師らが導入しています。

適応

 高濃度ビタミンC療法は、これまでにも有効とされている化学療法や放射線治療に取って代わる治療法ではありません。むしろこれらと併用して用いる治療です。そのうえで、次にあげる場合に用いられるのがよいとされます。
 1. 標準的ガン治療が無効な場合
 2. 標準的ガン治療の効果をより確実にしたい場合
 3. 標準的ガン治療の副作用を少なくしたい場合
 4. 良好な体調を維持しながら寛解期を延長させたい場合
 5. 代替治療を希望する場合
 また、最近ではガンの予防効果に注目して継続して点滴を受けられている方も増えております。

輸入製剤の使用

 高濃度ビタミンC療法を実施している多くの医療機関では輸入品の製剤を使用しています。国産製剤は2g以上の濃度のものがないために必要な量を投与するには用量が増えすぎるため、また、pH調節のための水酸化ナトリウムや品質保持の防腐剤が入っているために大量使用では人体に悪影響を与えるからです。このような輸入製剤を使用するとコストは(したがって料金も)高くなりますが、安全性のためには必要なこととご理解いただきたいと思います。なお、当院では定評のあるBionichePharma社製を使用しております。

当院での取り組み

 すでにガン(その他悪性腫瘍を含む)として診断された方を対象といたしますが、ガンの心配を持っておられる方も関連医療機関を通じて精密検査の実施をいたします。また、血液検査による全般的な癌ドック(イムノドック)も実施しております。なお、保険診療と自由診療とを同一疾患でうけること(混合診療)は法律によって禁止されております。他の病気で当院を受診されている場合を除き一般検査も自費となりますので、他院でのデータをお持ちの場合はご持参ください。
 初診では高濃度ビタミンCが適合するかの検査(G6PD)を原則受けていただきますが、ご相談のうえ省略することも可能です。ただし、まれに遺伝により高濃度ビタミンCで溶血をされる場合があります(グルコース6リン酸脱水素酵素活性異常症)。検査を受けていただかない場合には発見できませんのでご了承ください。
 また、始めより高濃度を使用すると血管痛を感じる方もおられます。血管痛にはマグネシウム剤の添加で対処はしておりますが、濃度自体も第1回目は12.5gより開始して、徐々に必要量まで増加していくことにしております。必要量は体重により概算し、必要ならば血液中のビタミンC濃度を測定いたします。このため、人により最終的な維持量が異なってきて料金も異なることをご了承いただきたいと思います。さらに、低用量ナルトレキソンとの併用もお受けいたしております。
 当院での点滴療法は一度に2名様までとさせていただいており、そのために低料金設定となっております。

診療の流れ




  高濃度ビタミンC抗ガン療法  初回(15g) 8,270円、25g 10,800円、50g 15,700円
   (いずれも診察料、薬剤料、点滴手技料、税込み)

  G6PD検査 6,480円(税込み)

高濃度ビタミンC抗ガン療法(ビタミンC大量点滴療法)