クリニック案内

院長ごあいさつ

院長写真

救急医療の現場にいる時に実感したのは、医師のできることは限られており、病気(特に脳)になれば重大な障害を残すことがあり、その人の生活まで救うことは難しいということです。そしてそのためには病気にならないこと、予防が大切であるとの想いから公衆衛生学を学びました。それを実践するために当クリニックを開設しましたが、予防の成果は「治った」というようなわかりやすいものではなく、日々模索しているところです。現代医療も万全なものでは決してなく、ひとりひとりの抱える問題も異なります。できる限りその問題に向かい合い、ともに考えていく医療を目指したいと想います。


略 歴

学歴

日本大学医学部医学科卒業
日本大学大学院医学研究科外科系脳神経外科学専攻修了、医学博士
米国ジョンズ・ホプキンス大学公衆衛生大学院修了、公衆衛生学修士(MPH)

職歴

日本大学医学部脳神経外科教室入局
日本大学板橋病院脳神経外科勤務
駿河台日本大学病院脳神経外科、救命センター勤務
厚生連相模原協同病院脳神経外科勤務
中駿赤十字病院脳神経外科勤務、同脳神経外科部長
日本大学医学部公衆衛生学講師を経て
エム・ディ・コンサルタント(労働衛生コンサルタント事務所)開設
クリニックカミオギ(東京都杉並区)を開業(後、移転)
かみや町駅前クリニック(東京都港区)を開設
日本大学医学部兼任講師


標榜専門医

日本脳神経外科学会認定専門医、日本東洋医学会認定専門医

その他の取得資格

労働衛生コンサルタント(厚生労働省)、日本産業衛生学会指導医、社会医学系専門医認定協会指導医・専門医
日本抗加齢医学会専門医、日本旅行医学会認定医、日本温泉気候物理医学会温泉療法医
医師初期臨床研修プログラム責任者、医師初期臨床研修指導医

提携病院(病診連携)

日本大学医学部付属板橋病院
聖路加国際病院

主な医学関連著書

「ヘルスサービスリサーチ入門」(分担執筆)東京大学出版会
「健康サービス研究入門-保健・医療の調査と評価-」(単著)新興医学出版社
「EBMがわかる疫学と臨床判断」(単著)新興医学出版社
「EBMワークブック」(共訳)医歯薬出版
「睡眠公衆衛生学」(分担執筆)日本公衆衛生協会